アンチエイジングのロロキシンがWWDに掲載されました

アンチエイジングのロロキシンがWWDに掲載されました

エム・アール・アイが世界に先駆けて「ロロキシンリフト」を発売

「ジェーン・アイルデール」などを取り扱うエム・アール・アイは、2016年2月、フェーシャルトリートメントマスク「ロロキシンリフト」を発売する。「ロロキシンリフト」は、14年8月にアメリカの「DERMARDCHE LABS(ダーマルシェ ラボ)」が開発し、同年の「allure(アルーア)ブレイクスルーアワード」を受賞した話題のアイテム。日本での発売が、初の国際展開となる。
特徴は、フェーシャルマスクで始めて、特許取得のシリカリフトテクノロジーTMを採用している事。疎水性と親水性のシリカ粒子のマトリックスを組み合わせたネットワークが、乾燥するにつれて肌を引き締め、小ジワやほうれい線などを改善し、毛穴が目立たなくなる。「物理的反応を利用して肌の自己修復を促すので、1回の使用で結果が眼に見えてわかり、効果が24時間持続する」と同社広報は話す。

アンチエイジングスキンケア ロロキシンWWD